2016年09月19日

9月18日能代市文化会館主催みんなで歌うコンサート


夏の太陽の恵みを受けて実がたくさん詰まった稲の穂も頭が垂れ始め秋田県地方はいよいよ収穫の秋を迎えました。

image1_2.JPG


農業県秋田は、田んぼをキャンパスに見立てて絵が描かれている田んぼアートもあちこちで見られます。



image1_3.JPG

そんな爽やかな新秋のある日【皆んなで歌うコンサート】が開催されました。今年も光栄な事に出演させていただきました。
この日の能代山本地区は、好天にも恵まれイベント盛りだくさんな中、お客様たくさんいらしてくださり感謝です。



プログラムも会館の手作りです。
image1_5.JPG
唱歌、童謡、懐かしい曲、思い出の曲、今年は永六輔さんの曲がたくさん選曲されました。
こういったアットホームなコンサートも私たちの大切なライフワーク。間近でお客様と触れ合うことのできる大切なコンサートなのです。





お客様の反応を肌で感じながら、お客様と一緒に心ゆくまで歌い楽しい一日を過ごさせてもらいました。

image2_2.JPG



メンバーのJ子さんは生まれて4ヶ月の赤ちゃんを楽屋に連れて参加。たちまちみんなのアイドルです。

image2_4.JPG


お昼は、秋田名物『花善』のお弁当も皆んなで食べれば特に美味しくいただけます。

image4.JPG


思えば1ヶ月前は、カルメン本番成功のみを考え、凄い形相で髪を振り乱して過ごしていたのが懐かしいです。

公演の成功も地域に密着したコンサートの積み重ねがあればこそ…。今後とも度々お目にかかります。どうぞよろしくお願いいたします。











posted by koyu at 16:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

【合唱団員の感想、反省の声です】



昨年の6月からのカルメン、本番が最高でした。マエストロの目と表情で本番は作中の一人になりきっていました。ありがとうございました。カルメン役の谷口さんがゲネプロのハバネラの時、合唱団に向かって優しくささやきました。゛よろしくね-゛嬉しかったです。賛助方々の助けで緊張することもなく自然に役ができました。たくさんスタッフの方々供に感謝申し上げます。ありがとうございました。

image4.jpeg
・・・・・・・・・・・・・
最後の芸術監督、指揮者稽古の時になってもまだ一連の動きや歌詞が曖昧で暗い気持ちで帰宅しました。キッチンでカルメンが流れ、車にのればまたカルメン。夕食後はテレビの前で睡魔と戦いながらのDVD。思うように進まず不安でいつぱいでした。本格的ラストスパートは、成田先生や城谷先生の激励の言葉に支えられ、また賛助の方々に本当に助けていただきありがたかったです。煙草の煙をくゆらせてステージのライトに向かって行った瞬間、なんとも言えない気持ちでした。
いろいろ大変でしたが、最後はやはり感動的でした。ご指導ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
「大好きなカルメンが日本語で上演されると聞いて、喜んで参加させていただきましたが、とても勉強になりました。歌声でどのようにそのシーンを表現するかなど、今後考えていかなければいけないことがたくさん見つかりました。声をとおくへ飛ばすことを何度も指導していただきましたが、本番は今までで一番声が出ていたと思いました。城谷先生にご指導いただいたこと、心から感謝いたします。来年も参加いたしますのでよろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・
男性として

圧倒的に団員不足。リズム感がつかめず、うたいだしの箇所で、入れなかったところがあった。特に最初の、カルメンお前の笑顔を……いつも焦がれ、のところが、トラウマになってしまい、賛助の方々に感謝です。結果、どの場面においても賛助の方々の協力なしでは、男性合唱は、成立しなかったというのが、現実です。情けない話ですが、何とか男性を増やす努力を、今まで以上にやらないとと、痛感。ただ他のパートのように、音楽経験者が入ってくれて、引っ張ってもらわないと、現況の改善につながらない………難しい問題です。
後は素人だと認識して、積極的に貪欲に、練習する機会を増やしていくよう、先生にお願いしていかないとと思い、反省点とします。


image5.jpeg
・・・・・・・・・・・・・
カルメンは本当に難儀しました。8月に入ってからの数回の練習で、というより前々日の夜練、ゲネプロでようやく7割位歌えるようになったかなという感じです。賛助の方達に入っていただいてやっと見えてきたというか、 アルトの助っ人のお二人のお力無くしてはできなかったと思っています。音取り練習で音が取れても伴奏と合わせると拍、調子、リズムがつかめない!  音  合っているのかいないのかわからない!情けないほど口が回らない!
今何拍子なのか、何調なのかスコアも難解!   正直ハードル高かったなあと思っています。

演技は、成田先生、太田先生の手厚いご指導に中々答えられず、申し訳なく思っています。(私はいつもそうなのですが、)  最後はやるっきゃないの気分に自分を追い込んで
何とかやったという感じです。

能代オペラ音楽祭は、市民オペラとはいえ、プロとアマの力の融合により、よりすばらしい舞台を作り上げることが特色。より多くの方面のご理解、ご協力を得て継続していけるよう、まず合唱団を増強し、頑張っているなあと認めてもらえるよう地道に活動を続けて行きたいものと思います


・・・・・・・・・・・・・
⭐まだまだ合唱団員の声たくさんあるのですが、一部を掲載いたしました。


「カルメン」は、日本語とはいえ本当に頑張ったと思います。終演後はどの顔も良い笑顔でした。
一方運営面でも《一人一役》を合言葉に見事な連携でした。仕事を持ちながらですので、時に難儀な事も多々あったと思っています。でも、誰からも不満の声は聞こえてきませんでした。
自分達の市民オペラをみんなで一つになって成功させよう!!  トップが何も言わなくてもベテランメンバーから若いメンバーへと伝わる阿吽の呼吸で仕事をこなしてくれました。五回の公演で運営のコツもつかみ、連帯感も責任感も強くなりました。これなら来年も大丈夫だと思っています。
尊敬する先生達に助けていただきながら大好きな仲間と一緒に創り上げたカルメン。大きな公演をこなし、合唱団員一回り成長しました。


9月、10月、11月、12月は能代オペラ音楽祭合唱団員として休む暇なくより地域に根ざしたコンサートに出演させていただきます。
コンサートでお目にかかれることを楽しみにしていますのでこれからもよろしくお願いいたします。また、いつでも私たちの仲間大歓迎です。気のおけないメンバーばかりです。遠慮なく声かけてください。(ヴィリア)
image1.jpeg







posted by koyu at 11:27| Comment(0) | 本公演を終えて | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

お客様からの感想♪


⭐初めてオペラを観劇しました。思った以上にスケールの大きなものでした。音楽も盛り上げで感動しました。都会まで行くのは大変なので、能代でこのような舞台を観れてうれしいです。

⭐キャスト皆さん素敵で興奮しました。前回の公演で成田さんのファンになったので、今回も楽しみでしたが出番が少なくて残念でした。次回も楽しみにしています。

⭐暑い中の練習を子供達頑張りました。プロの人たちと同じ舞台に立てるという経験はなかなか出来ないので、良い思い出になった事でしょう。
素晴らしい舞台でした。(四小の保護者)

⭐ミカエラ、可愛いかったです。
日本語の公演で、話が分かり良かったです。
ただ、どこで拍手をしたらいいのかわかりませんでした。ソロの後拍手をすれば、次のセリフが聞こえなくて…。

⭐バレエ、フラメンコ、とても良かったです。
善ババが出てくると空気が一瞬で和む気がしました。相変わらず迫力(存在力?)あるなーと思いました。素晴らしい公演でした。次回も楽しみです。
posted by koyu at 20:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする