2016年10月28日

◇いよいよ「第九」練習始始まります❗



10月30日は、「第九」の初回練習。

「私入ります❗」と明確に意志表明している方は勿論「ちょっと不安だけど、見学だけなら」「ドイツ語は難しそう」「口回るかな!?」「知っている人いるかしら?」「誰か知っている人いるのかしら?」最初は不安に思う方も皆さま遠慮なく参加ください。
今は音取りCDや、仮名ふっている楽譜各種などあの手この手で譜読みを助けてくれる優れものグッズもたくさんあります。一通り揃えてご紹介します。マーカー、付箋など、また、状況に応じヴォィスレコーダーなどお持ちください。

初回はいきなり練習ではなく、企画についての説明や、団員自己紹介など交えウォーミングアップを十分取り、楽しい時間を一緒に過ごせるようにしたいと思います。
一同お待ちしています❗ 

1477522114193.jpg1477480696401.jpg
posted by koyu at 22:27| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

オペラ、グリゼリディスをみてきました!

日本では初演とのこと。
貞淑な妻グリゼリディスを堕落させようとする悪魔のたくらみが、夫を信じるグリゼリディスの愛と、神の力ですべて失敗。
めでたし、めでたし、というお話し。
グリゼリディスの貞節がテーマなのだろうけれど、悪魔の歌と、ダンス、演技がとても良かった。
悪魔夫婦と、小悪魔たちのコミカルなダンスも楽しかった。
指揮の飯坂氏(カルメンの副指揮をしていただきました)演出の太田麻衣子先生にごあいさつできました。
飯坂先生から「第九がんばりましょう!」と、激励していただきました。
1476794213217.jpg
posted by koyu at 17:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

国立音楽大学大学院オペラ「ドン・ジョバンニ」


能代オペラ音楽祭では、オペラ上演年は、国立音楽大学の学生の皆様にお手伝いを頂いています。
学生さんがわざわざ能代に合流くださり、真夏亜熱帯の東部公民館での熱風稽古は度々新聞紙上にも取り上げられ、私たちにとり、良い思い出というか、本番直前、本番に繋がる大切な大切な稽古なのです。今までどんなにか助けられ、演技や歌い方、発声、表情の作り方などの助言などで引き上げてもらった事か、本当に感謝しています。

能代にいらっしゃる学生さんは卒業後大学院に進まれる方や二期会、藤原歌劇団オペラスタジオなどに進まれる方が多いのです。

大学院オペラ「ドン・ジョバンニ」を観に行きました。
私は大学院オペラを観賞するのは三回目です。
大学院オペラは、ロマン派のオペラよりもセッコと呼ばれるイタリア語のセリフや言葉のやり取りが多いモーツァルトのオペラを上演する事が多く、今まで「フィガロの結婚」「コジ・ファン・トゥッテ」を観ました。ドン・ジョバンニは初めてです。
OBも出演するオペラには、かって芸術監督成田博之先生も出演なさったことがあるのです。

10月にしては熱いくらいの陽気になったこの日も「カルメン」「椿姫」でお世話になった学生さんやOBがステージの上で歌い、また客席にもたくさんおりました。
「今度はタイトルロールでね! また来るから!」
嬉しい再会でした。

私たちの団体は将来を嘱望される素晴らしい若人にも支えられていることを改めて実感した三時間40分でした。

1476792311515.jpg1476792313049.jpg
posted by koyu at 21:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする