2018年01月29日

【ザ・ジェイドこがねいニューイヤーコンサート】

【ザ・ジェイドこがねいニューイヤーコンサート】を聴きに行ってきました。

暗いステ―ジのピアノ伴奏で始まったのは、「乾杯の歌」。上手から一人下手から一人と歌いながら登場し、四人で歌い上げる迫力にまず圧倒されました。
伴奏なしの「アベマリア」終った時はただため息でした。一人ずつのアリア。「魔笛」タミ―ノは、歌の合間にフル―ト演奏とは驚きました。芸術監督成田先生はカルメン「闘牛士の歌」を原語で、次に日本語で歌いました。「ヴラボ―!」と満場の拍手喝采でした。
二部は、マイクを手にして、ポピュラーソング。ジャズ調、バラ―ド調あり、オペラ歌手四人が歌うとお馴染みの曲もこうなってしまうのか。それぞれの曲がグレードアップしてまるで別物でした。
クラッシック音楽にあまり馴染みのない人達が聞いたらオペラ歌手の素晴らしさを実感するだろうなと思いました。
「ザ ジェィト」能代に来て欲しいな―

1517233079176.jpg

1517233096732.jpg

1517233098259.jpg
posted by koyu at 22:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください