2018年02月04日

練習感想♪

2月9日の練習は、ソプラノ3人、アルト3人、バス1人とちょっと寂しかったので
すが・・・
 
稽古ピアニストの直子さんが来てくれたので、とても充実した練習になりました。
 
 
 
2幕はクリスマスイブの賑やかなパリの広場から始まります。
 
ロドルフォ、マルチェッロ、ショナール、コルネーリ、ミミなどのキャストの他に、
行商人、母親、腕白な子供たち、カフェの群衆など様々な人が入り乱れ、口々に
 
「オレンジ、ナツメヤシ、栗が焼けたよ」
 
「早く!ボーイさん。ビールをここへ!」
 
「何て人込みなの!あっちへ行きましょう」
 
などと叫んでいます。
 
これが難しい!どこで自分の歌に入るのか、難題です。
 
まずは徹底してリズム読みの練習。そしてピアノ伴奏に合わせて歌います。
 
 
 
まるで早口言葉の練習のようで・・・
 
そこで家に帰って、私の得意(?)特異(?)な練習法を実践!
 
必殺トイレ学習法。
 
幸い1月も丁度終わったので、1月のカレンダーの裏を利用して・・・
 
歌詞を書いてトイレのドアに張りました。
 
今まで、「椿姫」「カルメン」と能代オペラ音楽祭に出させていただいていますが、
やはりどの曲も最初は「無理だ!歌えない!口が回らない!」と思ったもの。
 
これを解決してくれたのが、トイレ学習法です。
 
トイレに入る度に、その使用時間に合わせて(笑)、どこかのフレーズを声を出して
読む。
 
(時には全部読めることもありますよね・・(失礼!)
 
皆さんも試してみては如何ですか?
 
そして、文章を書いてみると、意外に短いということも分かり、何となく安心した次
第です。
 
今日は立春。
 
あっという間に夏が来ますよ!!
 
 
 
~トイレの魔術師~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                     
 
 
 
 
 
posted by koyu at 22:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください