2018年04月26日

春のはじまり~ロビーコンサート~

東京に遅れることおよそ半月、漸く能代にも桜前線が到着しました。

422日の日曜日は、まさに満開。青空も広がり絶好の行楽日和です。

そんな中、能代市文化会館では第108回のロビーコンサート「クラリネットコンサート 春のはじまり」が開催され、沢山の人が訪れました。

クラリネットの演奏者は、昨年の第九でご一緒した今野 隼さん、ピアノは稽古ピアニストとして私たちを助けてくれる伊藤朱美さん、そしてソプラノにオペラ音楽祭代表の関口美奈子さんを迎えての素敵なコンサートでした。

クラリネットとピアノが奏でる「サリーガーデンズ゛」「夏の名残りのバラ」「アニー・ローリー」など、アイルランドやスコットランドの民謡(どれも失恋の歌だそうですが・・・)

「さくらさくら」「初恋」などの日本の歌。

メンデルスゾーンの「クラリネットとピアノのためのソナタ」。

クラリネットの暖かく深い音色とピアノがとけあい、やさしい時がゆっくりと流れて行きました。

最後には、ソプラノとクラリネットとピアノで奏でるシューベルト作曲の「岩の上の羊飼い」

私には初めて聞くの曲でしたが、牧歌的でとても素敵な曲でした。(でも、とっても難しい曲なんだそうです)

一時間の極上のひと時を過ごし、能代市役所のさくらテラスで満開の桜をちょっとだけ愛でて、走って仕事に戻りました。

出演者の皆様、ありがとうございました。

~さくらさくこ


posted by koyu at 14:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください