2018年07月16日

7月8日。芸術監督稽古

 
練習時間に30分ほど遅れて参加したにもかかわらず、親切にご指導してくれたので、とても感謝しております。
土日は、いろいろと野良仕事があり、ちょうど良く時間の区切りがつかなくて、ご迷惑おかけしました。
会場が広ければ、オペラの練習に適していると思いますが、狭い室内ようにはでは、口声でごまかしてしまいます。
自らに妥協を許さない先生の声量には、驚かされました。
合唱パートといっても、複数の役者の集合でしょうから、ママさんコーラスの細く当てる口声とは違うはずです。
いつでも、ソリストを務めれるように精進したいと思います。カラオケや地元ゴスペルや演劇でソロを努めたことがありますが、声楽度返しの自己流のものでした。
パートは違えど、成田先生の発声を参考にしたいと思います。
 
テノール 冨澤義雄
posted by koyu at 20:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください