2017年04月14日

春爛漫🌸桜前線コンサートのご案内

春爛漫🌸桜前線コンサートのご案内です(^-^)


時・4月22日・土曜
15時スタート

ところ・しらかみカフェ(八峰町76-3715)

チケット・2,000円(ケーキ、ドリンク付き)

出演・デュオ・レジェンダ(マンドリン平丈恵&ギター神原順一)、関口美奈子(ソプラノ)、笠原昇子(ピアノ)

曲目・幻想曲「桜」、太陽がいっぱい、愛の挨拶、虹の彼方に、さくら横町、オペラ「蝶々夫人」よりある晴れた日に、来たれ愛しのツィター(マンドリン&ソプラノ)他

しらかみカフェは、世界遺産白神山地を望めるおしゃれなカフェです。能代市から車で20分ほど、広い窓からはリゾートしらかみ、桜の花も見ることができます。お席は限りがありますので、お早めにしらかみカフェまでお申し込みください。

1492119575100.jpg
posted by koyu at 06:41| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

練習日程※4月6日更新

今後の練習日程です!
1491453341762.jpg

posted by koyu at 20:30| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

⚫️3月12日 第1回マエストロ稽古 「第九」


⚫️3月12日 第1回マエストロ稽古 「第九」

※ドイツ語を歌うにあたって、母音(a.i.u.e.o)を小節頭に持ってくる。
ex》260小節 『strengeteilt』
”en”が母音なので、その前にある子音”str”は小節より前に言う。
”en”が小節頭に響くよーにする。

※語尾の”m”と”n”の違い。
ex》557小節『Heiligtum』
”m”は口をしっかり閉じる。
ex》604小節『Millionen!』
”n”は口を閉じないで半開き、余韻を感じて切る。

(D)
・257小節
『Deine Zauber』文節で分けすぎないでワンフレーズで。
・258小節
『binden wieder』もワンフレーズ。
アクセントは”wieder”の方につける。

・260小節
『strengeteilt』1拍目レと2拍目ミの間少し空ける、分ける。
『strengeteilt』 語尾は極端なぐらいしっかり"t”を出す。

・261小節
『alle Menschen』のシンコペーションは裏拍にアクセントをつける。

・262小節
『Bruder』…訳》兄弟。
いちばん大事な言葉なのでしっかりアクセントつけて歌う。
ここの『Bruder』の”der”のみ「ダ」でok。

・264小節
『Flugel weilt』の語尾”t”は265小節にしっかり入れる。
”lt”が聞こえないと意味が変わってきます。

(E)
・285小節
『Ja』…訳》そうだー❗️
→何に対しての『Ja』なのか❓
答》ソリストの歌ってる内容…
1人の友人を得るという大きな賭けに成功した者よ、1人の優しい妻を努めて得た者よ、その喜びの声を一つにしよう。
→『Ja』そうだー❗️
とゆーことになる。

・287小節
『sein』の”n”をしっかり言う。
3拍目『auf』と291小節の『aus』の違いをハッキリさせる。

・290小節
2拍目からのディミヌエンドはしっかり。

・291小節
強弱的にはピアノだが、子音の勢い・スピードは落とさない。

・292小節
『diesem』の”m”は口を閉じる。
『Bund』の”d”は次の小節頭にしっかり入れる。

(G)
・313小節
『Kusse』…訳》口付け・接吻
キスするよーなウの形を作って発音する。

・316小節
『pruft』の母音は”u”なので”u”が拍頭に聞こえるよーに。
語尾の”ft”はしっかり入れる。

・319小節
『Cherub』のスフォルツァンドしっかり。
発音は「ケルプ」、濁らない。

・321小節以降
音符についてるスタッカートはスタッカートではなく、音を羊羹を切るよーに分けるイメージ。
デモ子音をしっかり歌ってから切る、雑にならない。

・326小節のフォルテシモしっかり。

※日本では仏様は下にいて拝むイメージがあるが、欧州では神様は空の上にいます。
個人的イメージはパトラッシュな感じ。
なので何回も出てくる『Gott』とゆー言葉は上に飛ばすよーに。
そして”t”は次の小節頭に。

(I)
男声パートはやりませんでした。

(M)
その前のオケ2小節をしっかり聞く。
その2小節までは単調だが、その2小節で一気にオケ的にもテンションが上がるので合唱団もしっかりテンション上げる。

・543小節
トランペットは8分の6を感じて演奏してる。
2拍子に見えるが、8分の6の意識も持ち少し長めに感じて歌詞を切り刻まない。
『Freude,』についてるコンマ大事。
切らなくてもいいが分ける。

・548小節
『Elysium』はウムラウトからの語尾は”m”。
スフォルツァンドもついてるので力強く。

・553小節
スフォルツァンド注意。

・556小節
『Himmlische,』のコンマも大事。
しっかり分けて歌う。
その後の『dein Heiligtum』はワンフレーズで。
スフォルツァンドにも注意。

・570小節
スフォルツァンド注意。

・573小節
『Flugel weilt』の”weilt”は付点四分音符。
それ以上は伸ばさない。
→伸ばしすぎると次の『Deine Zauber』がしっかり入れない。

※550小節と558小節は似てますが四分音符デス。

・594小節以降、音楽の雰囲気が一気に変わる理由は❓
答》日本語訳の主語が変わるため。
以前→民衆が主語 以降→位の高い人が主語。
なので神々しく歌うよーにする。
オケのトロンボーンは、神様の音らしい。

・603小節
『Seid umschlungen,』のコンマ、しっかり分ける。

・604小節
『Millionen!』の”onen!”はアルトの『Deine Zauber』を邪魔しないよーな歌い方、切り方をする。

・608小節
『Kuβ』も同じくアルトの”der”を邪魔しないよーに。

・609小節
『ganzen Weilt!』…訳》全世界。

(N)
・623小節
『muβ』の”m”は、口を閉じて”m”を鳴らしてから口を開ける。

・626小節
『wohnen』はスタッカートではないが分けて歌う。

・627小節以降
テヌートを感じる。

・631小節
クレッシェンドからのディミヌエンド。
2拍目が頂点になるように。

・633小節
『Millionen❓』の”onen”はスタッカートではなく音を分ける。
❓を感じてクレッシェンドもしっかり。

・635小節
ピアニシモの『Ah』は息を流すよーに、しかしすぐクレッシェンド。

・637小節
『Schogfer』はフォルテ。
クレッシェンドでしっかり持っていく。

・640小節
単純なドミソの和音なはずなのでしっかりハモる。
”W”の準備をしっかり。

・654小節以降のフーガ、時間なく歌ったがスルー。

(R)
・730小節以降
休符は休みではなく間。

・742小節
しっかりクレッシェンド。

・762小節
語尾”n”は口を閉じない。

(S)
・797小節〜800小節
歌詞は同じだが同じく歌わない。
クレッシェンド付けて意味を違うくさせる。

※2回目の『wieder』の後、何人かノンブレスでいきたい。

・806小節
2分の2なので半拍しか休まない。

・810小節
『Menschen』の”Men”までフォルテ。
2拍目”schen”はピアノで、3拍目からクレッシェンド。

・812小節
柔らかく、装飾音は丁寧にゆっくり歌う。

・832小節
マエストロ要確認ポイント❗️
『alle Menschen』の”alle”はin tempo。
”Menschen”からゆっくりで。

・860小節
『Welt!』の”elt!”は863小節の語尾に入れる。
※『Bruder』の直前に”elt!”を必ず書いておく。

(T)
・916小節
『Toch ter aus』まではフォルテ。
『Elysium』からピアノ。
posted by koyu at 12:24| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする