2016年09月10日

【合唱団員の感想、反省の声です】



昨年の6月からのカルメン、本番が最高でした。マエストロの目と表情で本番は作中の一人になりきっていました。ありがとうございました。カルメン役の谷口さんがゲネプロのハバネラの時、合唱団に向かって優しくささやきました。゛よろしくね−゛嬉しかったです。賛助方々の助けで緊張することもなく自然に役ができました。たくさんスタッフの方々供に感謝申し上げます。ありがとうございました。

image4.jpeg
・・・・・・・・・・・・・
最後の芸術監督、指揮者稽古の時になってもまだ一連の動きや歌詞が曖昧で暗い気持ちで帰宅しました。キッチンでカルメンが流れ、車にのればまたカルメン。夕食後はテレビの前で睡魔と戦いながらのDVD。思うように進まず不安でいつぱいでした。本格的ラストスパートは、成田先生や城谷先生の激励の言葉に支えられ、また賛助の方々に本当に助けていただきありがたかったです。煙草の煙をくゆらせてステージのライトに向かって行った瞬間、なんとも言えない気持ちでした。
いろいろ大変でしたが、最後はやはり感動的でした。ご指導ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・
「大好きなカルメンが日本語で上演されると聞いて、喜んで参加させていただきましたが、とても勉強になりました。歌声でどのようにそのシーンを表現するかなど、今後考えていかなければいけないことがたくさん見つかりました。声をとおくへ飛ばすことを何度も指導していただきましたが、本番は今までで一番声が出ていたと思いました。城谷先生にご指導いただいたこと、心から感謝いたします。来年も参加いたしますのでよろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・
男性として

圧倒的に団員不足。リズム感がつかめず、うたいだしの箇所で、入れなかったところがあった。特に最初の、カルメンお前の笑顔を……いつも焦がれ、のところが、トラウマになってしまい、賛助の方々に感謝です。結果、どの場面においても賛助の方々の協力なしでは、男性合唱は、成立しなかったというのが、現実です。情けない話ですが、何とか男性を増やす努力を、今まで以上にやらないとと、痛感。ただ他のパートのように、音楽経験者が入ってくれて、引っ張ってもらわないと、現況の改善につながらない………難しい問題です。
後は素人だと認識して、積極的に貪欲に、練習する機会を増やしていくよう、先生にお願いしていかないとと思い、反省点とします。


image5.jpeg
・・・・・・・・・・・・・
カルメンは本当に難儀しました。8月に入ってからの数回の練習で、というより前々日の夜練、ゲネプロでようやく7割位歌えるようになったかなという感じです。賛助の方達に入っていただいてやっと見えてきたというか、 アルトの助っ人のお二人のお力無くしてはできなかったと思っています。音取り練習で音が取れても伴奏と合わせると拍、調子、リズムがつかめない!  音  合っているのかいないのかわからない!情けないほど口が回らない!
今何拍子なのか、何調なのかスコアも難解!   正直ハードル高かったなあと思っています。

演技は、成田先生、太田先生の手厚いご指導に中々答えられず、申し訳なく思っています。(私はいつもそうなのですが、)  最後はやるっきゃないの気分に自分を追い込んで
何とかやったという感じです。

能代オペラ音楽祭は、市民オペラとはいえ、プロとアマの力の融合により、よりすばらしい舞台を作り上げることが特色。より多くの方面のご理解、ご協力を得て継続していけるよう、まず合唱団を増強し、頑張っているなあと認めてもらえるよう地道に活動を続けて行きたいものと思います


・・・・・・・・・・・・・
⭐まだまだ合唱団員の声たくさんあるのですが、一部を掲載いたしました。


「カルメン」は、日本語とはいえ本当に頑張ったと思います。終演後はどの顔も良い笑顔でした。
一方運営面でも《一人一役》を合言葉に見事な連携でした。仕事を持ちながらですので、時に難儀な事も多々あったと思っています。でも、誰からも不満の声は聞こえてきませんでした。
自分達の市民オペラをみんなで一つになって成功させよう!!  トップが何も言わなくてもベテランメンバーから若いメンバーへと伝わる阿吽の呼吸で仕事をこなしてくれました。五回の公演で運営のコツもつかみ、連帯感も責任感も強くなりました。これなら来年も大丈夫だと思っています。
尊敬する先生達に助けていただきながら大好きな仲間と一緒に創り上げたカルメン。大きな公演をこなし、合唱団員一回り成長しました。


9月、10月、11月、12月は能代オペラ音楽祭合唱団員として休む暇なくより地域に根ざしたコンサートに出演させていただきます。
コンサートでお目にかかれることを楽しみにしていますのでこれからもよろしくお願いいたします。また、いつでも私たちの仲間大歓迎です。気のおけないメンバーばかりです。遠慮なく声かけてください。(ヴィリア)
image1.jpeg







posted by koyu at 11:27| Comment(0) | 本公演を終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

お客様の声♪お客様からの本音意見?!

カルメンから早くも10日が経ちました。

忌憚のない辛口ご意見も寄せられています。ありがたい声です。

image1_3.JPG


☆バレエの二幕・酒場のシーンは艶やかで照明も綺麗でとても良かった。反面前奏曲や間奏曲のバレエのシーンは、何を意味しているかがよくわからなかった。後で聞いてようやくわかった。前以ての説明があれば親切だった。
(能代市内70代女性)




image5_1.JPG



☆今回は、日本語で本当に楽しめた。前回『椿姫』は、今立さんの説明あっても今一つよくわからなかった。一生懸命やっている合唱団や関係者にはその当時は良かったとしか言えなかった。今頃になって本当の事を言って申し訳ない(能代市内男性・椿姫2回共鑑賞)
☆この次も日本語カルメンをやってほしい。能代は、いろいろなオペラを誰もがわかる日本語で。がよいのでは。字幕設備がないので原語を市民が理解するのは難しい(能代市内70代女性)


image6_1.JPG

☆プログラムに誤字があったのが残念。


image2_6.JPG
image2_7.JPG
☆地元能代山本の人たちもっと応援してほしい。普段見かけない市外の人の方が盛りあがっている。不思議だと思った。(山本郡内60代女性)

image3_1.JPG


☆歌、バレエ、など個別にはとても好きですが、それが一緒になると、どうも肌に合わない。馴染めない、慣れない(能代市内60代女性)
☆オペラなんだから、合唱団員の数は60人位ほしい。見た目にも舞台に空間があり寂しかった。が、日本語カルメン新鮮で良かった(秋田県内男性、都内の劇場に良く足を運んでいる、フランス語カルメンも何回も観ている)


image4_1.JPG



◇番外編
タクシーの運転手から
前日、県外からのお客様を十二湖に案内、ガイドしました。そういう事で(タクシーを)使ってもらえて良かった。公演おめでとうございました。


勿論私どもの頑張りや公演を褒めてくださる方が殆どですが、ご自分が感じた事をありのままに勇気を持って主催者に伝えてくださるお客様には感謝の言葉もありません。

能代オペラ音楽祭は5周年とはいえ、まだまだ若い団体。地元団員・毎年の客演に頼らない地元男声合唱団員安定獲得など、本当の意味での自立した団体にはクリアしなければいけない課題がたくさんあります。
また、まだ一度もオペラを見られていない能代市内の方もものすごくたくさんいらっしゃるのも現実です。お客様に何かを届けられるように、皆様に会館に足を運んでいただけるよう、「応援しているよ」と言ってもらえるよう、運営面含め精一杯頑張ってまいります。

更に次年度公演は、ベートーベン作曲交響曲『第九』とオペラガラ です。
第1部のフィナーレは、オペラ「ナブッコ」より〈行け黄金の翼よ〉オペラ合唱曲の中でも最も有名な曲の一つです。youtubeで各種アップされています。ご覧くださいませ。

つきましては、合唱団の仲間を大募集しています。
「オペラはちょっと自信ないけど第九なら歌ったことがある」「第九は一度歌ってみたい」という方、初めての方、男性も、子どもさんもどんどんお問い合わせください。上の年齢、経験不問です。練習開始は10月末からを予定しています。今回は日曜日出られない人のためにも工夫をしたいと思っています。練習予定など詳細決まり次第お知らせいたします。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

公演内容、合唱団募集、練習に関して遠慮なく下記の電話にお問い合わせください。
090-6782-0551(関口)
image2_8.JPG
posted by koyu at 13:07| Comment(0) | 本公演を終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

「椿姫」再演〜本公演を終えて〜合唱団員の声その2

「椿姫」再演〜本公演を終えて〜合唱団員の声をご紹介します。

椿姫集合.jpg

★すすす凄い!朝から!体が資本!何か変な疲れ!でも来て頂いたお客様はいまだに感動感動そして感謝のオンパレード私も感謝してます!いやいやでも現実は私はスナックママ!こなすのが大変!ヘロヘロです!感動そして、感謝の涙出てきてますよ。

夢ママ

★前回よりもバージョンアップした舞台装置、オケ、また前回とは違う演出もあり、舞台上でもすごく楽しむことができました♪
ヴィオレッタと共に散った椿の花を早くDVDで見たいです(^^♪
関口先生、舞台監督、マエストロ他キャスト、全スタッフ、団員の皆様に感謝しています。

koyu


★本格的な舞台装置・オーケストラ・有名キャストのみなさんと一緒に椿姫が出来たこと本当に嬉しく思います。本番をむかえるまでは不安や恐れがありましたが、本番は本当に楽しくて歌うことや演技に夢中になりました。もう一回本番やりたいくらいです☆彡楽しい時間をありがとうございました(≧∇≦)

まおみんより

★2次会の時、伊藤純先生に幸せでしたと言ったら僕も幸せでしたと言って握手してくださいました これ以上の幸せはありません。本当にありがとうございます。城谷先生には死ぬまでついて行きたいです♡
みんな関口先生のおかげです。泣かれたときは続けて行けるか自信がなかったですがみなさん素敵な人達で本当に幸せでした。感動感動感動です(ノД`)・゜・。やってよかったです。ありがとうございました! これからもよろしくお願い致します(^◇^)

トトロ

★9月4日の練習、5日のゲネと毎回稽古のたびに自分のたち位置がかわり、指揮者の見える位置に移動するのが大変でした。城谷先生のオーケストラとの呼吸の仕方や入り方の一工夫のアドバイスで自分ではそれなりに出来たかな?と思っています。聞いて下さった方から合唱上手くなったね〜とお誉めの言葉をかけてもらいました。周りの人と良く聞きあってあわせること、タイミングなどみんな最後はよく頑張ったと思います。副指揮者飯坂さんのお蔭で三幕良かったと思いますが…どうでしょうか?

mちゃんより

★椿姫公演ご苦労様でした、初めてのメンバーが多く、短期間での練習で公演を練習通り、臆する事なく舞台に立ちつけて「ほっと」しました。短期間では、色々と経験(恐い)が出るのですが、出なかったので良かったです。。

合唱団の皆さんに短期間の(場数)を経験(踏んで)下さい。お願いします。チャレンジしたい、オペラがあったら。
参加してみたら。自分自身が、悔いが残らないように。

迷いいんね。

★今回、初めて参加させて頂きました。率直な感想としては、とにかく緊張しました。前回の公演の再演ではなくさらにパワーアップしたものを目指しているとはきいていましたが、途中でついていけるのか心配になったこともありました。
それでも頑張ってついていこうと思えたのは前回から出演している先輩達の励ましや先生方の熱意でした。参加して痛感したのは、プロの方はもちろんみんな音楽が好きなんだな、愛しているんだなということです。舞台は華やかなことだけでなく見えないところでの努力や協力が素晴らしいものをつくりあげていくことも学べました。
このような貴重な体験を出来たことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

こみち


★今回の舞台にむけてのお稽古は、私にとって未経験の、初めての連続の日々でした。
また、お稽古にまともに出席できずにいたのをアルトの皆さんが、日程調整をして下さり、本当に感謝しております。
城谷先生、成田先生がいらした時にはなんとか思うような声を出したいと思いながらも、そこまで追いつけずに焦るばかりでした。
こんな私は、このような神聖な舞台に立つこと自体が許されないんじゃないかと苦しかった日もありましたが、先生方がこの椿姫にかけて下さる情熱と熱意の溢れる貴重なお稽古を受けられることに感謝をし、本番を迎えることができました。
毎日をお忙しく活躍されている中、私の人生の中で指導して頂くなんて信じられないくらいに素晴らしい先生方の、貴重なお時間をかけて、ご指導していただいたことに、本当に感動しております。
人生の宝の時間を得られ、幸せに思います。本当に、本当に、ありがとうございました!

葵の君

などなど・・・ほかにもまだまだ団員から熱い想いのこもった声が届いています♪
皆それぞれ仕事や家庭など、日々の仕事をこなしつつ、自身の持てる力を出し切り、公演に情熱を注いで参加していたのだな、と改めて感じます。
今回このオペラ公演をともに成し遂げたことで出来た友の和・輪、そして素晴らしい先生たちとのご縁など、全てに感謝したいです。

皆様、本当にお疲れさまでした。そしてこの公演に関わった全ての皆様へ、ありがとうございました!
posted by ふわおくさん at 21:18| Comment(0) | 本公演を終えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする